葬儀における納骨のおはなし

バナー

葬儀における納骨のおはなし

葬儀が終わったら故人の法要をしなければなりませんが、納骨はそれに合わせて行います。
時期は特に決まりがなく地方によって差がありますが、四十九日や一周忌の法要に合わせて行うのが一般的です。


お墓がない場合も葬儀後の一周忌を目安に準備した上で骨を納めます。

お墓が遠方にあったり、すぐに納骨できない状態にある場合は、お寺や霊園にある納骨堂に一時的に保管してもらうこともできますが遅くても三周忌をめどに正式な納骨を行わなければなりません。

納骨式は故人の近親者やごく親しい友人、知人などの内輪で行います。

仏式では一般的に忌明けである四十九日に本堂で法要をした後お墓に出向きお経をあげてもらいます。

葬式関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

お墓の石蓋を開き、施主が骨壺を納めます。


その後石蓋を閉じて卒塔婆を墓石の後ろに建てます。お墓の前には花や線香をお供えし、僧侶による読経の後で順番にご焼香し冥福を祈ります。
これが骨を納めるまでの段取りです。



一方、神式では五十日祭まの十日ごとの霊祭の日から日時を選ぶことが多いようです。


キリスト教やカトリックでは神父がひと月後の追悼ミサをする日、プロテスタントの場合はだいたいひと月後の昇天記念日に行われ、いずれも祈祷の後に遺族や近親者が賛美歌を歌い献香や献花などを行います。いずれも事前に石材店や霊園に連絡しておくことが必要で、埋葬許可書と印鑑も準備しておかなければなりません。

最近では墓を持たない人も多いため、葬儀の後に霊園などのお堂に骨を納めるするというケースも増えてきました。