今どきの補聴器の選び方

加齢で少しづつ耳の聴力が弱まり、テレビを見たり人との会話で支障をきたすようになった場合は、補聴器の装着をお勧めします。

補聴器と聞くと、なんだか老人になったような気がして、聞こえにくいのを我慢して日常生活を送ると、大切な音を聞き逃し、大変な事故や怪我へと発展する可能性もあるのです。

倦厭しがちなモノですが、色々な商品がありますので、選び方のポイントを紹介します。

補聴器の選び方の基礎知識をご説明をしたいと思います。

現在の補聴器は、形や性能も昔のものと違い、装着していても他人からは分かりずらいデザインとなっていたりします。

こちらのYahoo!知恵袋情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

従来からある耳穴式や耳かけしきもありますが、ポケット形といって本体をポケットに入れ、イヤホンとコードを繋いでしようするタイプやメガネ型といってメガネのツルの部分に部品を内臓しており、メガネと補聴器の両方を併用できるタイプもあり、形も様ざまです。
また、音の機能の選び方もあり、昔の商品は、性能が今ほど改良されていなかった為、聞きたい音だけでなく色々な音を拾う様になっていた為、雑音が凄く、装着する事がイヤになり外したままだったと聞きますが、最新の機能は、必要な音と騒音とを拾い分けられるようになっていますので、騒音の中での会話も楽になりました。


また、ステレオ効果があり、音の位置や方向が明確になり、小さな音量でも聞き取れるので、使用してても耳の疲れにくくなっています。



後、選び方だけでなく、購入の際に関してですが、一般的には聴覚器の購入に医療保険は適用されませんが、身体障害者福祉法に該当する聴覚障害と認められれば、補助金が受けられます。



MENU